Skip to content

東京でマイクロスコープがある歯科医院

歯科医院というのは、レントゲンや歯を削るドリルがあって、できれば行きたくない場所と多くの人が認識しています。

しかし、最近の歯科医院は東京を中心に新しい医療設備を導入して、患者さんが来院しやすい工夫をしています。現像の手間がかからないデジタルレントゲンや、口の中の状態を三次元的に把握できるCTなど、東京の歯科医院では他との差別化をはかっています。最新の歯科用の機器といえば、マイクロスコープですが、この機会はとても高価なため、日本中の歯科医院の中でも設置しているところは1%以下という数字です。

マイクロスコープという言葉は耳慣れませんが、日本語にすると顕微鏡という意味になり、耳鼻科や眼科で多く使われてきました。歯科というのは、お口の中という限られた空間の中にある小さな歯を対象に治療を行っています。とても精密さが求められますが、肉眼で見える範囲には限界があります。そこで、東京の歯科医院ではマイクロスコープを導入して、目で見た上で正確な治療を実践しています。

歯の中にある神経の治療など、今までは歯科医師の経験や勘に頼ることが多かった部分を目で見て治療ができるようになりました。虫歯の取り残しが減るので、虫歯の再発も大幅になくなり、患者さんの大切な歯を守る治療ができます。詰め物や差し歯もより適合がいいものを装着できるようになるので、段差の少ない歯にフィットしたものが入ります。このように、マイクロスコープを使うということは、残っている歯の寿命を延ばすことにもつながります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *