Skip to content

肉眼からマイクロスコープに変わった東京の歯科の治療

これまでは肉眼で治療を行われる事が多かった歯科も、現在では東京のマイクロスコープを使う歯科のように大きな進化を重ねています。

肉眼では発見できなかったような、小さな虫歯なども発見できるだけでなく、歯を削った際にできる穴の中身を、かなりの拡大率で確認できるようになりました。神経が入っている管を間違えて傷つけてしまわないように、マイクロスコープでじっくりと神経の位置を確認してから、治療を始める事ができます。それによって患者側が治療中に感じる痛みも激減しており、痛いのが苦手で歯科に通うのが嫌だったという人も、痛みやストレスを感じずに歯を完治させる事が可能です。

特に歯の根管治療では、少しの見落としが虫歯の再発に繋がるどころか、神経の一部を損傷させる原因になりかねません。東京の歯科のように、歯科医の経験にだけ頼るのではなく、マイクロスコープでしっかりとしたデータを活用する歯科を頼りましょう。神経の入っている管をしっかりと見分けて、その全てを綺麗に清掃できる東京の歯科に治療を任せる事で、根尖病巣という病気を防ぐ事ができます。

根尖病巣は口内の多くの病気の原因になってしまいますから、根尖病巣の原因を見落とすだけで、治療がとても長引く事になる可能性は高いです。ストレス無く治療を短期間で終えるためにも、マイクロスコープを使う必要があると考えて、東京の歯科を頼ってみましょう。マイクロスコープの性能にもこだわり、かなり細かいところまで歯や神経をチェックできます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *